ideamans

アイデアマンズの広報ブログ

アイデアマンズという会社のご紹介です。インターネット技術でオドロキを!

イデアマンズ株式会社の広報の中の人です。

イデアマンズは小さな会社ですが、いろんなひとに役立つために、インターネット技術で貢献していきたいと、日々みんなでがんばっています。

すでに様々なサービスやプロダクトをリリースしているのですが、まずはみなさまにどんな会社なのか知っていただきたいので、ざっくりと概要を書いていきます。ゆるーく書いていきますので、どうぞお付き合いください。

北海道出身のプログラマ社長がいる東京の会社

f:id:ideamans:20170726112122j:plain

代表の宮永は根っからのプログラマであり、そしてひらめきがすごいです。四六時中楽しそうにプログラミングしているのですが、一人でサービスを作っちゃうので、知らない間に新しいサービスが生まれているという感じがあります。とにかく楽しそうにプログラミングしてます。キャッキャしながら開発してますね。代表宮永のプロフィールはこちらからどうぞ。

www.ideamans.com

f:id:ideamans:20170726112545j:plain

会社の所在地は東京なので、東京の会社です。今はちいさな会社で、人数もとても少ないです。代表がプログラマな社長なので、エンジニアの考え方や気持ちは理解が深いのですが、社内にプログラマは代表だけです。エンジニア探してます。ruby書ける人を探しています。

どんなサービスを作ってるの?

イデアマンズは、インターネットに関する技術で、さまざまな驚きや便利なツールを提供しています。

Google Analyticsのデータを利用したランキング表示サービスの

Ranklet [ランクレット]

は、昨年リリースしたものです。無料版と有料版があり、無料版でも機能減がないので、たいていのことは無料版でできてしまいます。

ranklet.com

このほか、シックス・アパートさんが提供しているMovable Typeの関連ソリューションをリリースしています。多くの企業で利用されているCMSなので、MTプラグインの開発はとても多いです。

www.sixapart.jp

www.ideamans.com

www.ideamans.com

CMSMovable Typeについては、ずっとパートナーとして受託案件を行っていました。今は受託は受けていないのですが、よいパートナーをご紹介できますので、お問い合せください。

人気が高いWikiサポートアドオン

意外と人気があるのは、Wikiでエクセルを貼り付ける際に変換をしてくれるプラグインです。多くの企業でWikiが使われているので、オフィスソフトのエクセルとの連携ができるものは人気があるみたいですね。こちらはフリーウェアです。

www.ideamans.com

ロゴが毎日変わるアロゴリズム

いつの間にかに作られていた、毎日ロゴが変わるアロゴリズムというものもあります。

誰得なのかわかりませんが、スタッフには得です。名刺交換の際にちょこっと話題として盛り上がれます。アルゴリズムはよくわかりません。

www.ideamans.com

新しいサービスを考えています[implet]

f:id:ideamans:20170727100517p:plain

最後に宣伝になっちゃうのですが、新しいサービスを黙々と開発しています。

WEB接客に関するサービスを開発中です。。WEB接客は、ウェブサイト上のあらゆるおもてなしをするために、各社サービス開発が非常に活発になっています。

ページを見ていると「この商品は5人の人がカートに入れています」とか「この旅行プランは、11人の人が申し込みました」というような表示がウェブページで表示されるものです。売上向上に一役買うサービスなのです。見たことがある方も多いのではないでしょうか。

implet.net

黙々と開発中なのですが、「利用してみたい!」という方のために、優先登録をはじめました。とりあえずどんなサービスなのか知りたいという方でも、まずはご登録してみてください。サービスがみなさまにお見せできる段階になりましたら、優先的にご連絡を差し上げます。

新しいサービスを考えています[LightFile Core]

f:id:ideamans:20170727112852p:plain

クラウドサービスが数多くのウェブサイトなどのインフラになり、高性能なモバイル端末がユーザーのほとんどを占めています。そうなると、「データ転送料金」と「表示の高速化」が課題となってきます。

LightFile Coreは、JPG画像をアルゴリズムにより最小限の劣化に押さえてファイル容量を削減します。AWS S3限定となりますが、操作はS3にファイルをアップロードするだけ。あとは自動でファイル容量が削減されます。平均で30%程度のファイル容量削減が可能です。

core.lightfile.net

ほぼほぼ完成しているのですが、ドキュメントなどが残っているので、もう少ししたらリリースになると思います。

 

最後に

これまでも、これからも、インターネット技術でみなさまにオドロキをもって貢献していきます。どんどんサービス開発していこうっと。